脇指 () 葵紋以南蛮鉄越前康継           新刀 越前国
        
       
     
     本造庵棟、刃長46.0p
(1尺5寸1分8厘)、反り0.4p(1分3厘)
     元身幅3.0cm、先身幅2.4cm、元重ね7o、先重ね5o。
     地鉄、板目に杢と流れ肌を交え、やや肌立ち、細かな地沸つき、カネ黒ずむ。
     刃紋、小沸出来、大のたれに互の目交じり、足入り、刃縁に細かな金筋絡み、
        匂口やや深く明るく冴える。
     帽子、直に、先掃きかけ、丸に返る。
     茎、うぶ茎、勝手下がり、剣形。


※下坂市之丞・市左衛門、生国近江のち越前へ移住、肥後大掾を受領。徳川家康の命により
 鍛刀した事により徳川家御用鍛冶に取り立てられ、銘を康継と改め、茎に葵紋を切る事を
 許され、江戸と越前で作刀をしました。




    白鞘・甲種特別貴重刀剣認定書付    

    
しのぎ桶川店・お買得情報