脇指 (無銘) 伝 繁 昌                       新刀 武蔵国
        
       
     
     本造り庵棟、刃長50.8p
(1尺6寸7分7厘)、反り1.5p(5分)
     元身幅2.6cm、先身幅2.1cm、元重ね4o、先重ね4o。
     地鉄、板目に流れ肌交じり、やや肌立ち。地景入り地沸つき、鎬地は柾。
     刃紋、小沸出来、のたれ調子に小互の目を交え、刃縁に砂流し金筋しきりに絡み、
        匂口深く明るく冴える。
     帽子、浅く乱れ込み、先掃きかけ小丸に返る。
     茎、磨上茎、切鑢。


※生国は駿河で、江戸へ出て作刀をしました。野田繁慶の兄か先輩、または弟子とも云いますが
 詳しくは不明です。その作風は繁慶に似ていますが、地鉄は区などは繁慶ほどの激しさはなく
 穏やかで優しいものが多いようです。




    白鞘・日本刀剣保存会鑑定書付    

    
しのぎ桶川店・お買得情報