脇差 () 水心子正秀                       新々刀 武蔵国
       於東大城下作之

     
     本造り庵棟、刃長51.4p
(1尺6寸9分6厘)、反り1.1p(3分6厘)
     元身幅3.0cm、先身幅2.1cm、元重ね6.5o、先重ね4.5o。
     地鉄、小板目よく練れてつみ、地沸つく。
     刃紋、小沸出来、のたれ調子に小互の目を交え、表裏の刃紋が揃い、刃縁に細かな砂流し絡み、
        匂口よく沸づいて明るく冴えている。
     帽子、直に、先小丸に返る。
     茎、うぶ茎、化粧に大筋違い、刃上がり栗尻。


※川部儀八郎、寛延三年に出羽国赤湯の鈴木家に生まれ、安永三年秋元家の抱工となります。遠く実践を離れ
 天下泰平となった江戸時代後期に衰退化した鍛法を復活するべく研究をした人で、大慶直胤や細川正義等数
 多くの弟子を育てました。本作は安永から享和にかけて作られた初代正秀の初期作で、裏銘には「於東大城
 下作之」と江戸に於いて作ったという意味合いの大変珍しい銘を切っており、恐らくは真改や助広等の大阪
 新刀を狙ったもので、小板目のよくつんだ地鉄に匂口の深いのたれ刃を焼き、地刃共に明るく冴えた出来で
 す。




    白鞘・保存刀剣鑑定書付    

    
しのぎ桶川店・お買得情報