刀 (無) 高田友行                        古刀 豊後国
       

     
     本造り庵棟、刃長66.8p
(2尺2寸5厘)、反り1.5p(5分)
     元身幅2.73cm、先身幅2.02cm、元重ね6.0o、先重ね4.5o。
     地鉄、板目に流れ肌を交え、やや肌立ち、淡く白気映りが立つ。
     刃紋、小沸出来、三本杉風の互の目乱れを焼き、足・葉入り、刃縁に砂流しが絡み、棟も焼く。
     帽子、乱れ込み、先掃きかけて小丸に長く返り棟焼きと連なる。
     茎、磨上げ茎、うぶの鑢目は勝手下がり。


※元々は2尺5寸ぐらいの長さがあったようで、2寸8分ほど磨上げられてしまったために現状では
 無銘ですが室町時代の「高田友行」と極めがついております。豊後国の刀工の歴史は古く、高田鍛
 冶の始まりは南北朝時代の友行と云われており、その名は江戸時代まで続いております。また豊後
 国は数多くの刀工たちで大いに栄え、備前や美濃と並ぶ刀剣の産地としてもその名を知られており
 ます。本作は美濃の名工孫六兼元をお手本にしたような三本杉風の互の目乱れを焼いており、入門
 刀としても気軽に楽しんでいただける作域です。




    白鞘・特別貴重刀剣認定書付    

    
しのぎ桶川店・お買得情報