短刀 (無銘) 兼 先                         古刀 因幡国
        
       
     
     平造り庵棟、刃長26.4p
(8寸7分2厘)、反り0.2p(5厘)
     元身幅2.5cm、先身幅2.1cm、元重ね6o、先重ね4o。
     地鉄、板目に刃寄り棟寄りに流れ肌を交え、地景入り、白気映りが立つ。
     刃紋、匂勝ち小沸つき、尖り互の目乱れ、足入り、刃縁に細かな金筋絡み、指裏は飛焼きを交える。
     帽子、乱れ込み、先小丸に掃きかけて返る。
     茎、うぶ茎、浅い勝手下がり、浅い刃上がり栗尻。


※本作はうぶ無銘ながら因州兼先と極めのついた短刀で、地刃の作域は末関と同じで、因州兼先系は
 美濃国善定兼吉の流れを汲むと伝わるのがうなずけます。本作は天文・永禄頃の作かと思われ、う
 ぶの時代外装が付属し、鞘はちょっと洒落た感じで中身外装共に楽しめます!




    時代外装・貴重刀剣認定書付    

    
しのぎ桶川店・お買得情報