刀 (無) 兼 春                 古刀 美濃国
        
       
     
     本造庵棟、刃長63.7p
(2尺1寸1)、反り1.2p(4分)
     元身幅2.9cm、先身幅2.2cm、元重ね6o、先重ね4o。
     地鉄、板目に杢と刃寄りに流れ肌を交え、肌立ち、地景入り、白気ごころ。
     刃紋、匂勝ち小沸つき、のたれ調子に互の目乱れを焼き、足・葉入り、刃縁に砂流し絡む。
     帽子、浅く乱れ、先小丸に掃きかけて浅く返る。
     茎、磨上茎、切鑢。


※本作は大磨上げ無銘ながら兼春と極めのついた打刀です。兼春とは、関七流のうち善定派・奈良派と
 並ぶ三阿弥派の刀工で、三阿弥派は直江志津兼友の子の兼則より始まると伝えています。この兼春は
 室町時代の長禄から天正にかけて数代続いております。本作は天文頃の作と思われ、うぶの肥後拵も
 中々魅力的で中身外装共に楽しんでいただけます!




    白鞘・時代肥後拵・保存刀剣認定書付    

    
しのぎ桶川店・お買得情報