短刀 () 備前国住長船清光                     古刀 備前国
        元亀三年二月日
       
     
     平造り庵棟、刃長25.5p
(8寸4分)、反り0.0p
     元身幅2.4cm、先身幅1.9cm、元重ね7o、先重ね6o。
     地鉄、小板目に杢と流れ肌を交え、淡く白気映りが立つ。
     刃紋、匂勝ち小沸つき、直刃調子に小互の目乱れを交え、小足・葉入る。
     帽子、直に、先小丸に返る。
     茎、うぶ茎、切鑢、栗尻。


※備前国は古来より刀剣大国として栄えていますが、この清光は末備前を代表する鍛冶の一人で、同銘多数が
 活躍しています。本作は身幅やや狭く身幅の割に重ねの厚い姿をしており、戦国時代という厳しい状況下で
 敵を殺傷するのに適した短刀姿で、健全な姿を残しその厳しさを今に伝えております。




    白鞘・特別貴重刀剣認定書付    

    
しのぎ桶川店・お買得情報