太刀 ()於武州高倉源寿王造        現代刀 埼玉県
       昭和五十一年三月日

     
     本造り庵棟、刃長77.1p
(2尺5寸4分5厘)、反り2.4p(7分9厘)
     元身幅3.1cm、先身幅2.4cm、元重ね7o、先重ね5o。
     地鉄、小板目に杢交じり、地沸つき、細かな地景入り、鎬地は柾。
     刃紋、小沸出来、小互の目丁子乱れ、長い足と葉も入り、刃縁に細かな砂流し絡む。
     帽子、浅く乱れ、先丸く浅く返る。
     茎、うぶ茎、化粧に筋違い、浅い刃上がり栗尻。


※俗名は柳川昌喜、明治43年10月5日生まれ、埼玉県入間市高倉住、庄司直胤・田子
 正弘の末つ云い、実父柳川才次郎直弘に鍛刀を学び、のち三代目直弘を継ぐ。門人には
 松原英一真弘(四代)、小島寛直弘(五代)などがおります。







    白鞘、日本刀剣保存会鑑定書付    

    
しのぎ桶川店・お買得情報